ロシアンブルーの飼い方

ロシアンブルー 飼い方ロシアンブルーの飼い方を簡単にお伝えいたします。

細身の優美なボディーが魅力の猫ですので、十分に運動をさせ、食生活も管理し、太らせないように気を付けましょう。上下運動のできるキャットタワーや階段、登り木などで、よく運動させましょう。

ロシアンブルーは、敏感で内気な性格の子が多いので、静かに生活できるように環境を整えてあげましょう。来客などには警戒心が強く、シャイな子が多いようです。ボイスレスキャットの異名をとるほど実におとなしく、鳴き声もとても静かです。マンションなどの集合住宅に適しています。

当ブリーダーでは、子猫のお渡しのときに十分に時間をとり、子猫に合わせた飼育パンフレットをお渡ししています。また、食事の量ワクチンの接種時期、日頃の躾(しつけ)や世話などについてのお話もいたします。詳しくは、はじめて子猫を飼う方からよくある質問のページをご覧ください。

ロシアンブルーの出産情報はこちら


被毛のお手入れ・グルーミングについて

ロシアンブルーのグルーミングロシアンブルーの被毛のお手入れ(グルーミング)について簡単に説明いたします。

一日一回のブラッシング。密に生えたダブルコートなので、換毛期にはブラッシングと合わせてコーミングをし、むだ毛を取りのぞいてあげましょう。

シャンプーは、月一回を目安に行いましょう。

ロシアンブルーの出産情報はこちら

ページの先頭へ戻る

メールマガジンの購読


東京猫ハウスの保障制度
受取から2週間以内の感染症による指定動物病院での治療、受取から3ヶ月以内の先天的欠陥・発病による死亡を保障。受取から1年間の病気・ケガによる死亡を追加で有償保障(子猫の生態価格の20%)。
365日、年中無休で飼育相談や、しつけ相談を無料でアフターケアとして保障初期の感染症に対する保障、先天的欠陥・病気による死亡に対する保障病気・ケガによる死亡

保障の詳しい説明はこちら

もっと便利に東京猫ハウスをご利用いただけます

ページの先頭へ戻る